So-net無料ブログ作成
前の30件 | -

新規開拓で相手に興味をもたらすことができる「営業ツール」の作り方 [営業ノウハウ]

新規開拓の営業で相手に興味を持って貰い
そして会話を続けられる工夫があるとしたら、
あなたも試して見たいと思いませんか?

今回の営業ノウハウは
最初の入り方で相手に興味を持たせることができる
営業ツールの作り方をご紹介したいと思います。

まずは人は何に対して一番興味を持つのか、
あなたはお分かりになりますか?

それは・・・
自分のことに対してです。

自分のことに関係する内容ならば
人は誰でも興味を持ちますし、
知りたいと思います。

その心理を持ち上げるツールを作れば良いのです。

たとえば自分が生まれた当時や年代に対して、
どんな出来事があったのか?

そんな昔のニュースや出来事がわかれば
誰でも知りたいと思います。

さらに自分と同じ日に生まれた有名人の中で
どんな人がいるのか?

これも普段知ることが無いだけに
こんな有名人も自分と同じ同級生なんだ・・
と思うと意外性を感じるものです。

それも誰もが知っている有名人で
好感度の高い人ならうれしいですよね。

そこで営業ツールの作り方です。

今はネットで検索すれば
参考になる情報がすぐ出て来ますので、
これらの項目を1枚の紙にまとめて作ります。

相手方のことに関するものを
本人に見せてあげることで喜ばれますし、
そこから会話を広げることも出来ますので
効果も違って来ます。

ひとつの工夫として試して見てはいかがでしょう、
あなたの営業にお役に立てれば光栄です。

その他、効果的な営業方法を知りたい、

あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」
 
        3081020.gif
 



共通テーマ:仕事

飛び込み訪問で受付や事務員で断られてしまう時、この入り方なら話しを聞いてもらえる [飛び込み訪問]

新規開拓で飛び込み訪問していると、
「その話しなら間に合っているので・・」
と断わられることがよくあります。

それだけ営業されることも多く
警戒する方も多いと言う訳ですが、

営業マンにして見れば、
「まださわりの部分しか話していないのに
他の営業マンと一緒にしないで欲しい、」
と言いたくなりますよね。
 
ですが相手にして見れば
営業マンは営業マンとしか見ていませんから、
「その話しなら間に合っているので・・・」
としか答えようがないのです。

そこで、
話しを聞いて貰える工夫です。

たとえば法人に飛び込み訪問する場合ですが、
ネックとなるのは受付や事務員の存在です。

会社には色んな営業マンが来ますので、
受付や事務員サイドで対応することになり
ほとんどは今すぐ必要としない話しが多いだけに、
「その話しなら間に合ってますので、」
とお断りするケースになってしまいます。

さてあなたらどのようにして
話しを聞いて貰える工夫をするでしょうか?

ここがポイントになります。

「その話しなら間に合っている」と言われたと言うことは、
あなたの話しは「他の営業マンと同じだと判断されている」
と言うことになるからです。

であるならば、
他とは違う入り方で話しを振ることが出来れば
今までとは違う反応を得ることが出来る・・・
と言うことになりますよね。

たとえば、
「この話しは社長に通さないといけない?」
「この話しの判断は社長でないと分からない?」
と思わせるようにします。

あなたは受付や事務員にそう思わせるだけの
話しの入り方をしていたでしょうか?

でも実際は色々工夫しているがうまく行かない・・・
どのように入っていけばよいのか分からない、
と言ったように悩んでいる方が多いのが現状です。

そこで飛び込み訪問で使える効果的営業トークが欲しい、
と思っているあなたに、

今までと違った入り方をすることで、
受付や事務員を攻略して社長まで通してもらえる
そんな飛び込み訪問で使える営業トークがありますので、
こちらを参考にしてください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif



共通テーマ:仕事

自分が扱っている商品を提案するコツは、相手に興味を持たせる工夫すること [営業ノウハウ]

皆さんも通販の番組が始まると
何気なく見てしまう方も多いと思います。

普段買い物をするときは
色々検討してからようやく決断をするのに、
なぜか通販では思わず電話をしてしまう・・・

このような経験をしている方もいますよね。

なぜなら通販の番組には
その気にさせて電話をさせると言った
計算された仕組みがあるからです。

ご存知のように、
一般的な商品の内容や特徴については
多くの方もある程度知っています。

知っているだけにもし購入するとなれば、
比較検討と言った行動を起こすのは
当然ですよね。

なのに通販の番組を見た途端に
すぐ購入すると言う行動を起こすのは、
そうなるだけの仕組みがあるからです。

その仕組みと言うのが・・・

単に商品の内容を説明するのでは無くて、
その商品にはこれだけのことが出来て
これだけの幸せを手に入れることが出来る、
と言ったイメージを与えているからです。

つまりこれだけのものを
手に入れることができるあなたの未来は
もっと素晴らしいものになるんですよ・・・
と言ったことを視聴者に分かりやすく
丁寧に説明しているからです。

たとえばあなたの扱っている商品が
他社の製品よりも劣っていたとします。

ですが、
あなたから購入することで得られるメリットを
相手に分かりやすく伝えてあげることができれば、
あなたの商品に興味を示す方も出てくる
と言うことです。

そこで相手にどのように説明すれば
「なるほど、それはいいですね・・」
と思ってもらえるのか?

そしてどの部分を強調すれば、
相手の興味を引き立てられるのか?

そこの部分を相手に教えてあげることで
あなたから購入しようと思ってくれるのです。

あなたも自分が勧める商品について
相手が興味を持ってくれるだけの工夫を
しているでしょうか? 

それも「なるほど、それはいいですね、」
と言わせるだけの工夫です。

反対にどれだけ商品の内容や値段が安くても
その良さを引き出すトークが出来ていないと
売れる物も売れなくなってしまいますから、
いかに工夫して伝えることが出来るかが
大事だと言うことです。

ではどのように工夫すれば
もっと上手に説明できるのかと言うことで、
あなたもそこの部分を知りたいと
思っているはずです。

そんなトークの工夫で悩んでいる方のために
魅力的に使えるトークの作り方がありますので、
こちらをご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif



共通テーマ:仕事

テレアポでアポイントが取れない時「最初のアプローチ」を工夫すると相手の反応も変わる [テレアポ]

テレアポで苦労するのは
話し途中で電話を切られることが多く、
思うようなアポイントが取れないことです。

その理由としては毎日のように
テレアポや営業電話がかかってくるだけに
誰しも聴く耳を持たないのが原因です。

ですがそんな状況であっても
1件でも多くアポイントを取らないことには
営業成績を上げることは出来ませんから、
そこはなんとかしなくてはいけません。

そこでテレアポする時のコツですが、
最初のアプローチ段階で興味あるかどうか?

そこの部分が分かれば良いのですから、
自分の商品やサービスを売り込むのではなく、
相手に必要かどうかを確認する・・・
と言った形で攻めて見てはいかがでしょう。

たとえば今までのテレアポは商品を売りたいために
その商品が持つメリットを説明して来ましたが、
それでは誰も素直に話を聞いてくれません。

なぜなら話しを聞いたら売り込まれる・・・
と分かっているからです。

そこでこれからのテレアポは
次のような流れで反応を見るようにします。

「( 商品・サービス名 )について
確認したいことがありまして電話しました。
すぐ終わりますので宜しくお願いします。」

と言った流れで話しを持っていくと
そのまま会話を続けることも出来るようになります。

なぜなら今までの電話とは違い、
「確認とは一体何のことだろう? 」
と思わせることが出来るからです。

あとは話しの流れで
会話を続けることもできるようになりますから、
最初から電話を切られることも少なくなります。

そしてその後も会話が続いたら
売り込みの電話だと思わせないようにしながら
話しのストーリーを組み立てるようにします。

これでアポイントが取れるようになります。
どうぞ参考にして見てください。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」
 
        3081020.gif



共通テーマ:仕事

新規開拓のテレアポで使える「コツ」が、あなたの営業成績を高めることが出来る [テレアポ]

テレアポでアポイントが取れた時に使える、
ちょっとしたコツです。

まずは苦労してアポイントが取れた時は
思わずガッツポーズしたくなるものですが、
それだけで安心するのはまだ早いです。

約束した当日に出向いて見たものの
相手側の都合でキャンセルもありますし、
中には約束した日を忘れている場合さえ
あるからです。

せっかくアポイントが取れたのに
当日のドタキャンで相手に会えないのでは、
アポを取った意味が無くなってしまいます。

そこでポが取れた時にもうひと工夫することで
相手にあなたのことを印象強く残す方法があります。

それが、
「事前に確認のための電話をします、」
とひと言伝えることです。

こんな感じです。
………………………………………………………………
営業「(   )さんもお忙しいでしょうから、
   当日の予定で大丈夫かどうか
   前日に確認の電話を入れても宜しいですか?」
………………………………………………………………
とひと言伝えるだけです。

でもせっかくアポイントが取れたのに
また電話をしたら相手の気持ちも変わって
キャンセルになるんじゃないか?・・・
と心配する方もいるでしょうが、
そんな心配はいりません。

なぜならそう心配するのはアポが取れた時に
ひと言伝えていないからです。

実際電話を切る前に、
「確認の電話を入れますので」と伝えておけば
相手も(ああ電話がくるんだな)と思ってくれますし、
確認だからいいかと快く受け止めてくれるからです。

さらに前日に確認の電話が入れば、
相手も時間が取れるか再確認することが出来ますし、
仮に予定が狂いそうな時は時間をずらすこともでき
感謝されることもあるくらいです。

それ以上に相手が感心するのは、
「きちんとした仕事をする営業マンだな」と
好印象を持ってくれることです。

このような気配りをすることによって
あなたに対する好感度も高まって来ますし、
商談する時の雰囲気もよくなりますから
契約までの流れを良くすることも可能になります。

あなたも
「確認の電話を入れてもいいですか、」
とひと言伝えて見てはいかがでしょう。

今まで以上に契約アップすること、
間違いありませんよ。

その他、新規開拓で効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif

 


共通テーマ:仕事

新規開拓で事務員から断わられる件数が多くて困っている方へ、これなら社長まで話しを通してくれる [営業ノウハウ]

ご存知のように
新規開拓していると困るのが、


「今のところ間に合っているので、」
「今忙しいので、今度ね、」
「代えたばっかりなんだよね、」


と言ったような感じで
簡単に断られてしまうことです。


それも用件を出して話を進めようとしても
それ以上関わろうとしない状況ですから、
また断わられたと言う結果に落ち込む方も
いらっしゃいます。


その「断わられた」と言う
結果を引きずりながらその場をあとにしてしまうと、
嫌な思いだけが残ってしまいます。


そんな嫌な思いを引きずらないためにも
相手の断りから次の展開につなげることが出来る
コツをご紹介したいと思います。


まずは会社訪問でよくあるパターンです。
………………………………………………………


営業「こんにちは、
   (   )会社の(  )と申しますが、
   お世話様です。

   (      )について、
   社長様にご案内したいと思いまして
   お伺いしました。
   社長さんいらっしゃいますか? 」


事務「その話なら間に合ってますので・・・」


営業「そうですか~ わかりました。
   それではまたお伺いしたいと思います。
   失礼しました・・・ 」


………………………………………………………

と言った感じで終わってしまうと
「ああ~また断られた・・」と言う状態ですから、
後味も悪く落ち込むような終わり方です。


そこで、
相手の断わりがあっても次につながるトークです。
………………………………………………………


事務「その話なら間に合ってますので・・・ 」


営業「そうですか、
   今のところまだ間に合っていると言うことですね、
   わかりました。
   (相手の断りを一旦受け止めて安心させます。)


   ところでわたくし共では、
   色んな会社と取り引きしておりますので、
   社長さんや御社の仕事先に対しても
   お役に立てる情報をご紹介出来ると思うんですね、
   そのような場合ご迷惑になりませんか?


   たとえば、
   こう言った情報もあるんですが・・・ 」


…………………………………………………………


と言った話しを切り出すことによって
事務員が受ける印象も変わって来ますし、
次につなげる終わり方をすることも出来ますから、
社長まで話を通してくれることも
期待できるようになります。


今までは
「また売り込みの話しか、
社長から断わるように言われているから
間に合っていると言えばいいか・・・」


と言った感じで断わられていたかも知れませんが、
いかに相手の興味を引き出すことが出来るかで
会話を続けられるチャンスが増えるのですから、
断わりは断わりのままでは終わらせない・・・
と言った工夫が大事なのです。


次につなげる訪問をすることが
結果を残すためにも必要なポイントです。


どうぞ今回の内容を参考にして下さい、
あなたの健闘をお祈りいたします。


その他、効果的営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif



共通テーマ:仕事

テレアポしても断られることが多くて困っている方へ、テレアポで成功する秘訣あります [テレアポ]

テレアポしているとよく言われるのが、
次のような言葉です。

・今忙しいから、
・必要ないので、
・間に合っているから、


このような断り文句が出て来る訳ですが、
でも、何とか話しを聞いて貰いたいと思って
話す内容やトークの組み立てを工夫したとしても
思うように行かないのが現状です。


そこでテレアポで苦労している方のために、
話しを聞いて貰えるコツがあります。


それが「共感と同調」をする工夫です。


「共感」とは相手の意見や感情などに
自分の気持ちを合わせることで、


「同調」と言うのは、
相手の意見や主張などに賛同することです。


たとえばこんな感じです。
…………………………………………………………………


相手「その話しなら間に合っていますので、」


営業「そうですよね、
   今すぐ必要では無いですよね、 ←(相手の返答に同調します)
   先ほどの奥さんからも同じように言われました。
   こう言った電話と言うのはよくかかってくるんですか?」


相手「そうね~
   毎日のように来るから断るのも大変ですよ。」


営業「そうですよね、
   毎日くるのでは困りますよね。 ←(相手の気持ちに共感します)
   ちなみに(   )については、
   お話を聞かれたことはあるんですか?」


相手「ああ、前にありましたよ、
   その時も必要なかったので断ったんですよ。」


営業「ですよね、          ←(相手の気持ちに共感します)
   必要なければいりませんよね。
   ところで、よく(   )になったらいいよね、
   と言われることもあるんですが、
   もし(    )になるとしたら、
   ご迷惑になりませんか?」


………………………………………………………………


と言ったような感じで
相手の気持ちに共感と同調してあげることで
会話を続けることが出来るようになります。


この「共感と同調する」と言うのは、
相手から警戒心を取り除くためにすることです。


これが無いと次に進まないからです。 


ご存知のように、
人は知らない人に警戒するのは当然ですから、
最初から良い返事をもらうのは難しいと言うのは
皆さんご承知の通りです。


それなのにテレアポする時になると
電話だけで良い返事をもらおうとする訳ですから、
相手から断りを受けるのは目に見えています。


そこで相手の気持ちに共感と同調をしてあげると、
「ああ、この人は分かってくれるんだな、」
と思わせることが出来ますし、
安心させることも出来るようになります。


そうするとこの営業マンは他とは違うな・・
と言った意識を相手に与えることが出来ますから、
テレアポしてもきつい断りが減るようになります。


あなたも会話を続けたいと言うならば、
共感や同調して見てはいかがでしょう。


今以上に話を聞いて貰える件数が増えますよ、
どうぞお試し下さい。


その他、新規開拓に役立つ営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
参考に出来る営業ノウハウを探している方は、
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので
ご覧になってください。


初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif



共通テーマ:仕事

飛び込み訪問で断られる事に対して苦痛に思っている方へ、これならどんどん訪問できる [飛び込み訪問]

飛び込み訪問する時に見られるのが、
家の外見や以前断わられた記憶が出てしまい、
訪問することを止めてしまうことです。


訪問する前から自分で止めてしまうと
訪問件数が少なくなるのは当然です。


訪問しないと結果が出ないのは分かっていても、
どうしても訪問する気力が出ないと言う方のために
テンポ良く訪問できるコツがあります。


まずは訪問する時に
目的意識をしっかり持つようにします。


たとえば、
何のために訪問するのか?
なぜ断わられても訪問しないといけないのか、
と言うことに対して、


何のために訪問するのかと言うのは、 
相手の生活が豊かになるから訪問してあげる、
と言う使命があるからです。

そして断わられても訪問しないとダメなのかは、
自分の商品が必要かどうかは相手に訊いて見ないと
分からないからです。


いかがですか、
飛び込み訪問は断わられることも多く、
続けること自体嫌になることもありますが、


考え方を変えれば行動力も変わります。


あなたがしていることは、
相手から断われることを目標にしている訳では
ありません。


あなたがしていることは、
見込み客になりそうな人を見つけて契約を頂く、
それが相手の幸せを守ることになるからです。


そこであなたの話しを聞いてくれる人に
出会えるまで訪問すると言った流れで行動してください。


冷たく断わってくる人は相手にしません。


あなたの話を聞いてくれる人に出会えるまで
訪問すれば良いのです。


仮に相手から断わられた時は、

「そうですよね、
今はまだ必要では無いですよね、(相手の断りを受け止めます。
わかりました、
それでは次の機会がありましたら、
その時は宜しくお願いします。 」


と言ってその場を後にし、
あなたの話を聞いてくれる人に出会えるまで
どんどん訪問して行きます。


必ずあなたの話を聞いてくれる人はいますから、
遠慮せずにどんどん訪問して下さい。


なぜなら、
他の営業マンも契約を取っていると言うことは、
あなたにも契約をしてくれる人は必ずいるからです。


そう思うようにするだけで、
飛び込み訪問も楽しく出来るようになりますよ。


どうぞお試しください、
あなたの健闘をお祈りいたします。


その他、新規開拓に役立つ営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
参考に出来る営業ノウハウを探している方は、
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので
ご覧になってください。


初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

       3081020.gif



共通テーマ:仕事

あなたも新規契約件数を増やしたいと思うならば、相手にこんなイメージをさせること [営業ノウハウ]

相手が契約したいと思う時はどんな時か、
あなたはお分かりになりますか?


その商品がほしくなったから・・・
またはそのサービスが必要になったから・・・


もちろんそれ意外にも理由は色々ありますが、
実は大きな決め手は違うところにあります。


それは・・・
その商品やサービスを使って喜んでいる
未来の自分の姿が見えた時です。


それを使って喜んでいる姿が思い浮かぶ・・・
そのサービスを受けることで充実した生活が
送っている自分の姿が見える・・・


そんな未来の自分が手に入ると思えば、
それを使って見たいと思えるようになります。


ここがポイントです。


あなたも契約を取りたいと思うのならば、
相手に喜んでいる未来の姿を見せることで
契約したいと言わせることも可能になると
言う訳です。


そうすれば今まで苦労していた
新規契約も増えること間違いありません。


どうぞお試しください。


その他、新規開拓に役立つ営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
参考に出来る営業ノウハウを探している方は、
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので
ご覧になってください。


初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif



共通テーマ:仕事

新規開拓で見込み客を作る効果的な方法、それは「相手を自発的にさせる工夫」で結果が出る [営業ノウハウ]

新規開拓の営業で苦労するのは、
見込み客をどれだけ獲得できるのか?
そして継続的に新規契約を上げることが出来るのか?


と言った部分にある訳ですが、
そう簡単に行かないのが現実です。


電話しても話しを聞いてもらえませんし、
訪問してもインターホンで断わられることが多く
思うように行かないからです。


ではどのようにしたら良いのか、
あなたはお分かりになりますか?


なぜ話しを聞いてもらえないのか?
その理由を知ることで解決策も見えて来ますから、
今回は新規開拓で苦労しているあなたのために
営業で使えるノウハウをご紹介したいと思います。


まずは話しを聞いてくれない理由の多くは
相手に対して売り込みをしているからです。


もちろん商品を売らないことには仕事になりませんから、
契約してくれる相手を見つけるためにも
必死に話しをする訳ですが、


その行為が相手にして見れば
売り込まれていると警戒されてしまうのです。


なにしろ自分から進んで話しを聞く訳ではありませんから、
頼んでもいない営業マンから一方的に話しをされても
誰も聞かないのは当然です。


ではどのようにしたら話しを聞いてくれるのか?
ここからが営業に使えるコツです。


相手は「話しを聞いたら売り込まれる」
と思っている訳ですから、
相手の心理は受身の状態です。


受身のままでは相手のガードも堅いため、
それ以上の進展は望めません。


そこでこれからの営業です。


相手が受身となっている意識の状態を
「自発的」にさせるようにします。


もっと分りやすく言えば、
「その話しを聞かせて欲しい、」
と相手に言わせるようにすれば良いのです。


今まではこちらから「話しを聞いて欲しい、」
と相手にお願いの話しをしていたので、
売り込まれていると警戒され断わられていました。


つまりお願いする話しにしてしまうと、
「売り込みされている?」と思われてしまうので
相手は拒絶してしまうのです。


ですから相手に受身にさせるのではなく、
相手側から「その話しを聞かせてほしい」と
自発的に言わせるようにすれば良いのです。


何しろ相手から「話しを聞かせて欲しい」と
言わせることができれば、今までと違って
楽に展開を進めることも可能になりますよね。


では、どうやって
「その話しを聞かせて欲しい」と言わせるのか、
皆さんもそこの部分が知りたいと思います。


その方法で効果的なのは、
「トークの流れを相手から言わせる」
と言った仕掛けをすることです。


そうすれば相手から「その話しをもっと聞かせて欲しい」と
言わせることも可能になるからです。


その仕掛けをどのようにすれば良いのか?
相手から話しを聞かせて欲しいと言わせる工夫など
新規開拓に効果的な営業ノウハウを知りたい方は、
こちらにも参考になる内容がありますので
ご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif



共通テーマ:仕事

新規開拓で断りが続いても、次の訪問先へどんどん向かっていけるモチベーションの持ち方 [営業ノウハウ]

あなたもこのような悩みありませんか? 


(1)テレアポや飛び込み訪問をしても
思うように結果が出ない・・・
(2)結果が出ないのでどうすればいいのかと
悩んでしまい、気持ちも落ち込んでしまう・・・


このように悩んでいる方も多い訳ですが、
あなたの場合はいかがでしょう?


計画通りに実行出来ているでしょうか、
そして結果は出ているでしょうか?


誰でも思い通りに行動することが出来て
そして結果も出るならばその方法を教えてほしい、
と思うのは素直な気持ちです。


それだけ毎日続けて営業することの難しさや
結果を出していくことがいかに大変なのか、
営業している方なら誰もが思っていることです。


そんな難しいことであっても
誰にでも簡単に出来る方法がありますので、
その方法をご紹介したいと思います。


その方法と言うのは
気持ちを強く持って行動できる
「メンタル力」の存在です。


たとえば営業していると不在や留守も多く、
「その話しなら間に合っているので、」と言ったように
簡単に断られることも多いですが、


それが何件も続いてしまうとモチベーションも下がり、
挙げ句にはサボってしまうこともあります。


そうなると当然結果を残すことはできません、
営業活動を常に継続できるようにするためにも 
気持ちを強く持つ信念が必要です。


その信念と言うのが、
何事にも一喜一憂しないと言う心構えです。


営業するとほとんどが断られることが多いために、
モチベーションを保つのが難しいです。


そうなる理由の多くは、
相手の返答に一喜一憂している自分がいるからです。


ここはいけるかも知れないと思っていたのに、
簡単に断られてしまったり、あるいは
見込み客と思っていたのに冷たくされたりと
期待した分だけ落ち込むようなことって、
あなたもありますよね。


そもそも相手の断わりはどこまで本心なのか、
あなたはお分かりになっているでしょうか?


ほとんどの場合は、
「面倒だから断ってしまえ、」と決めつけている方が
多いと言うのが現状です。


たとえば営業マンの話しを聞いたら断りづらくなる、
話しを聴いてしまうと契約させられてしまう、
今の自分に必要なのかよくわからない、
話しを聴くのが面倒だ・・・


と言ったように、

あなたに対して断っているのでは無く、
「営業マンの話しを聴いてしまうと面倒だ」
と言った理由だけで断っているケースが多いのです。


ですので相手の断りを真に受けて
あなたが傷つくことは何も無いと言うことを
よく理解してください。


つまり相手の返答は本心で無いことも多いので
断わりがあったとしてもその場で受け流して、
また日を改めて営業すれば良いと言うことです。


その積み重ねをすることで
あなたが勧める商品やサービスが
どれだけメリットあるのか分かってくれますので、
必要と思う人は必ず出て来ます。


そうすれば結果を残せるようになりますし、
今までのように一喜一憂しないだけで
気持ちも軽くなれると言う訳です。


どうぞお試しください、
あなたの健闘をお祈り致します。


その他、新規開拓に役立つ営業方法を知りたい、

あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
参考になる最新の営業ノウハウを探している方は、
こちらにも営業ノウハウがありますので
ご覧になってください。


初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif



共通テーマ:仕事

テレアポでアポがどうしても取れないと言う方へ、この工夫ならアポも取れるようになる [テレアポ]

新規開拓でテレアポしてもアポが取れず、
苦労している方も多いと思います。


そこで今回は「テレアポ」に使える、
ちょっとしたコツをご紹介したいと思います。


まずは一般的な入り方です。
…………………………………………………
営業「 ~のご案内をしておりましたので、
   仕入れ担当の方いらっしゃいますか?」
…………………………………………………

と言った感じで入ったとしても、


「その話しなら間に合っている、」
「最初に資料送って下さい、」

あるいは「今忙しいので、」と言ったように
その場で終わってしまうことも多いですよね。


そこでひと工夫です。


こちらのトークをご覧下さい。
…………………………………………………………
営業「 ~のご案内をしておりまして、
   1、2分だけ簡単な説明だけさせて貰いますので、
   仕入れ担当の方お願いします。 」
…………………………………………………………


と言った感じで「すぐ終わる話し」だと思わせ、
担当の方につないで貰うようにします。
    
ちょっと言い回しを変えるだけで
担当者まで回してくれる方も増えますし、
伝えたい本題にすぐ入ることも出来ますから、
今まで以上に結果を出すことも可能になる・・・
と言う訳です。


今までは「担当の方いらっしゃいますか?」
と言ったようにすぐつないで貰おうと
していたと思いますが、

それでは受付の方にして見れば、
「また売り込みの話しか?」
と思われるだけでしたから、
そこで終わることも多かったはずです。

ちょっと言い回しを変えるだけで
相手の聞く耳を変えることも出来るのですから、
あなたも試して見てはいかがでしょう。


皆様の健闘をお祈りいたします。


その他、新規開拓に役立つ営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
参考にしたいノウハウを探している方は
こちらに最新の営業ノウハウがありますので
ご覧ください。


初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

       3081020.gif



共通テーマ:仕事

新規開拓で相手から電話させる営業ツール、それが「読ませる手紙DM」です [営業ノウハウ]

ご存知のように新規開拓しても、
「今のところ間に合っている、」
「まだ使う予定が無いから・・・」
 
と言ったように
簡単に断わられてしまいます。
 
相手にして見れば
営業される=売り込まれると思っていますから、
「面倒だ断わってしまえ!」となるからです。
 
そう言った相手に対して
興味を引き出すために何か良い方法はないだろうか?
と言うことで、


今回ご紹介するのが
手紙式の「読ませるDM」を使う方法です。


通常、営業で使うDMと言えば、
会社で用意しているパンフレットやチラシ類になりますが
それらは商品の内容や説明書きを主体としたものが多く、
ほとんど読まれずに捨てられてしまうだけです。
 
なぜなら、
そんなものを見ても面倒だと思うからです。


そうするとそれ以上の進展は望めませんし、
フォロー電話をしても簡単に断わられてしまいます。
 
そんな時に使えるのが
今回の「手紙式読ませるDM」の存在なのです。
 
せっかくDMを送るならば
目を通して貰わないと意味がありませんし、
それには読ませる工夫をしなくてはいけません。
 
その工夫と言うのが、
…………………………………………………………
相手に興味を持たせて相手から電話をさせる、
その仕掛けをDMの中に埋め込むようにする。
…………………………………………………………
 
つまりあなたからフォロー電話をするのでは無くて、
相手から電話をさせるように仕掛けることです。
 
ここがポイントです。
 
自分から電話をするのでは無くて、
「相手から電話をさせるようにする」こと。
 
そうすれば電話して来るのは興味ある人だけですから、
成約率が高くなるのは目に見えています。
 
ではどのようにすれば良いのかと言うことで、
もちろんチラシ類や書類関係については社内規定があり、
会社から承認されたものしか使うことは出来ませんが、
その審査をクリアすれば何も心配はいりません。
 
その手紙DMは2枚構成で作ります。
 
1枚目は相手に興味を持たせる内容を書き入れ、
2枚目は勧める商品について「なぜ得や損をするのか?」
と言ったことを分りやすく記載します。
 
さらにこの手紙DMが役立つのは
これだけではありません。
 
相手に読ませる内容となっているだけに、
普段の営業トークとしても活用できる点です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テレアポや飛び込み訪問でも
どのような入り方をすればいいのか困る?
と言ったことがあります。


そう言った時にこそ、
今回のような手紙式読ませるDMの内容を
そのまま伝えれば良いのです。
 
そうすれば相手は興味を持って聞いてくれますし、
そこから話しを広げることも可能になります。
 
さらにこの「手紙式読ませるDM」は
見込み客やプッシュしたい相手に送るのもよし、
そしてテレアポや飛び込み訪問する際のツールとして
会話のキッカケに使うのも効果的ですので
あなたも試して見てはいかがでしょう。


そこでこの手紙式DMをどのように作れば良いのか?
参考にしたい方はこちらをご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif



共通テーマ:仕事

自分の扱っている商品やサービスを自分からお願いしなくても「相手から売って下さい」と言わせるコツ [営業ノウハウ]

自分の扱っている商品やサービスを
相手に購入や契約をしてもらうために
いろいろと工夫しながら営業する訳ですが、
思うように決まらないのが現実です。

その要因としてあるのは
「買って下さい、お願いします!」と言ったように、
お願い営業をしているからです。

人はお願いされると断りたくなりますし、
知らない営業マンなら尚のこと拒絶したくなります。

それではどのようにすれば
自分の商品やサービスを購入してくれるのか? 

それには「その商品が欲しい、」あるいは
「売ってくれてありがとう、」と言わせるようにすれば
お願いしなくても売れるようになります。

そんな簡単にいく訳がない、
とおっしゃる方もいるでしょう・・・ 

実際どのようにすれば
相手に買わせることが出来るのか?

その工夫はこうです。
…………………………………………………
提供する商品価値を極限まで高めること、
…………………………………………………

たとえば他では手に入らない、
ここでしか買うことができないと言ったように
希少性の価値がどれだけあるのか、

それを丁寧に伝えることによって
それを手に入れたいと思う気持ちが高まりますから、
後はどれだけ貴重な商品なのかを
教えてあげれば良いのです。

価値の分る人は共感してくれますし、
反対に丁寧に教えても興味を示さない人は
それ以上追いかけても購入はしません。

そこでこれからの営業は
その商品やサービスが欲しいと思わせるように
話しを持っていくようにします。

こんな感じです。
   ↓ ↓ ↓
………………………………………………………

「この商品は
(   )に特化したものですので、
通常のものと違って(   )があります。

実際、購入されたお客様の中には
この商品を手に入れることができて良かったと
喜んでくれる方も多いですし、
感謝される方もいます。

中には自分だけではなく、
知り合いの方にも勧めてくれるケースもありますから
すごく良かったと評判頂いております。

それだけこの商品には、
皆さんから喜ばれる要素が入っているんですね。

ただ、今回数に限りがありまして、
(  )日までお申込みして頂ける方にだけ、
(   )を特典として付けおりますので
予約で一杯になるかも知れません。

もし考えて見たいと言うことでしたら
仮のご予約」と言うことで
押さえておくことも可能ですが、
いかがなさいますか? 」
……………………………………………………

このように、
「これだけのものは今しか手に入らないので
どうしますか?」と言った感じで
相手に伺いを立てるように持って行きます。

ポイントのひとつは、
…………………………………………………………
「数に限りがありすぐ埋まるかも知れません、
今なら仮の予約で押さえておくことも可能ですが、
どうしますか?」
…………………………………………………………

と言ったように
「希少性の価値」を知らせることによって、
今しか手に入らない商品なんですよ・・・
と思わせるようにするのがポイントです。

そうすれば「それじゃ今回頼んでみようかな、」
と言わせることもできるようになるからです。

いかがですか、
今回の内容を参考にして見てはいかがでしょう。

お役に立てれば光栄です。

その他新規開拓で効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif



共通テーマ:仕事

個人宅への飛び込み訪問で使える「インターホン攻略」なら見込み客も増える [飛び込み訪問]

個人宅への飛び込み訪問で苦労するのは、
「どう言えばインターホンで断わられずに
聞く耳を持ってくれるだろうか?・・・」
と言った点です。

そもそも営業マンが勧める商品の多くは
今すぐ必要とするものではありませんし、
今すぐ購入しないといけない?
と言うのでもありません。

それゆえ、
「これだけのメリットがありますから、
この機会にいかがですか? 」
と言った感じでいきなり営業マンから勧められても
素直に聞いてくれる人はいませんよね。

そこで個人宅のインターホンで使える
ちょっとした工夫の仕方です。

最初の入り方がうまく行くかどうかで
相手方も話しを聞いてくれる確率が増えますので、
あなたも試して見てはいかがでしょう。

こちらのトーク例をご覧下さい。
………………………………………………

   ピンポ~ン

相手「はい・・・」

営業「こんにちは、
   (   )会社の(   )と言いますが、
   お世話様です。

   実は( 扱っている商品  )について
   皆さんに伝えていない部分がありまして、
   それを確認するためにお伺いしたんですね。
   2、3分ですぐ終わりますので、
   お願いしま~す・・・ 」
…………………………………………………

と言いながら、
一旦相手の反応を見ます。

「けっこうです、」
「間に合っています、」
「必要ないです、」

と言った断わり文句が出た場合は
それ以上相手にせず次の訪問先へと向かいます。

今はインターホンで簡単に終わる時代ですから、
必要以上にねばっても好転することは無いからです。

それに次から次へと訪問することで
話しを聞いてくれる人に当たる確率も高まるのですから、
どんどん訪問することが大事です。

このように最初の入り方を工夫をすることで
断られる中でも話しを聞いてくれる人は居ますし、

その中に見込み客になる人も入っているのですから、
どんどん訪問することが大事になるんですね。

あなたも試して見てはいかがでしょう、
きっと今まで以上に結果も変わって来ますよ。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif

 

共通テーマ:仕事

テレアポしてもアポが取れない時、このような切り替えするとアポが取れるようになる [テレアポ]

テレアポしてもアポイントが取れず、
苦労していませんか?

そして断わられることが多くて嫌だな・・・
と思いながら電話していませんか?

実際「よし頑張ろう」と思って電話をしても
断りが続くと意欲も無くなり嫌になるものです。

それだけモチベーションを保ち続けるのが
難しいと言うことです。

では、どのようにしたら
モチベーションを保ち続けられるのか?
と言うことで方法は簡単です、

頑張ろうと思わないこと。

一生懸命頑張ろうとしても
相手からキツイ断りが続いてしまうと
めげてしまうことがありますよね。

そこへ1日200件は電話すると決め込んでも
キツイものはきついのです。
(根性論で済むなら誰も苦労しません。)

そんな嫌な思いを違う方法で切り替えて
モチベーションを持続させる工夫があります。

それが「頑張らなくてもなるようになるさ」と言った、
考え方の切り替えをすることです。

最初から気合を入れても長続きはしません。
もちろん会社からの叱咤激励はあるでしょう、

それとは別に自分自身に対してひそかに思い浮かべる、
呪文のような言葉を頭の中で繰り替えすだけです。

こんな感じです。
……………………………………………………………
無理しなくてもいいんだよ、
どうせ断る人は断るんだから・・・
それより話しを聞いてくれる人は必ずいるんだから
その人にあたるまで電話すればいいだけのこと。
……………………………………………………………
このように気楽に考えるようにします。

気は持ちようって言います。

それと同じで断りが数件でも続いてしまうと
気持ちもマイナス思考になってしまいますから、
どんどんフラストレーションも溜まる一方で
簡単に気持ちが折れてしまいます。

そうならないように
適度なガス抜きをすることも大事なのです。

そのガス抜きに使えるのが、
……………………………………………………………
頑張らなくても聞いてくれる人は必ずいるんだから、
断りなんて気にしなくてもいいのさ・・・
……………………………………………………………
と言うように頭の中を切り替えます。

気楽に考えることが
モチベーションを保つ秘訣にもなるからです。

さあ、気軽に電話していきましょう、
そうすれば簡単に見込み客が見つかりますよ。

あなたの健闘をお祈りいたします。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。


初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif



共通テーマ:仕事

▼新規契約が取れず困っている営業マンの方へ、あなたの仕事内容に特化した「営業ノウハウ」あります [営業ノウハウ]

新新規開拓で結果を出すことができなくて
苦労している営業マンの方へ 、

新しい営業手法として
見込み客の開拓やインターホン攻略に役立つ
実践的な営業ノウハウがあります。

新規開拓で電話や飛び込み訪問をしても
話し途中で簡単に断わられることが多く、
アポが取れずお困りになっている方も多いと思います。

そこで色んな業界に使えるノウハウとして、
仕事内容に応じた「専用の営業ノウハウ集」があります。

営業職にも色々ありますから、
その仕事内容に沿った営業方法でなければ
効果も期待できないと言うのは当然ですので、
その業種に特化した営業手法が必要です。

実際どれだけの営業職に提供しているのか、
一部に例をご紹介します。

▼こちらが実際に提供している業種の一例です。
………………………………………………………
オール電化(太陽光)営業に使える営業ノウハウ
保険の新規開拓に使える営業ノウハウ
コピー機営業で法人営業する際のノウハウ
ホームページ作成営業で使えるテレアポトーク
人材派遣営業で法人向けの営業ノウハウ
投資信託を勧めるテレアポトークとDM営業
マイラインを法人と個人向けにするテレアポ例
・トイレ診断士から販路拡大用の営業トーク
浄水器を個人宅にアプローチする際の営業トーク
・結婚情報サービスでフォロー電話の仕方
・折り箱の販路拡大用の営業ノウハウ
プロパンガスの契約を増やす営業トーク
自動販売機設置で営業する際の訪問トーク
・個人宅にリフォーム営業する際の営業トーク
教材家庭教師斡旋のテレアポトーク
・会員獲得に使える葬祭業の営業トーク
貴金属の買い取りですんなり入る営業トーク
投資用マンションでのアポ取り営業トーク
訪問介護/新規顧客獲得に使える営業ノウハウ
健康食品会員獲得提案営業に役立つノウハウ
レンタルコピー機を法人に勧める営業ノウハウ
………………………………………………………

この他にも様々な業界から依頼がありますし、
その業種に特化した「営業ノウハウ」を
提供しております。

今までと違った切り口で入ることで
新たな展開を広げることができますし、
話しのテーブルにつかせることが出来れば
あとはあなたの思い通りです。

そんな営業ノウハウを
あなたも手に入れて見てはいかがでしょう。

その「効果的な営業方法」を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な『最新の営業方法』を知りたいと言う方は、
こちらにも専用のノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


      3081020.gif



共通テーマ:仕事

新規開拓しても結果が出ない方へ、この意識を変えるだけで契約をあげることも可能になる [営業ノウハウ]

新規開拓を一生懸命やっても
結果を出すことが出来ないと悩んでいる方へ、


結果が出ないのは
自分に「営業能力が無いから?」だと
あきらめていませんか?


ご安心下さい、
結果が出なかったのには理由があります。


それは相手に対して聴く耳を持たせないままに
自分の立場で営業しているからであり、
その行動しかしていないからです。


これでは誰も話しを聞いてくれないのは当然です。


もちろん自分が扱う商品の説明は必要ですが、
今までとは違った「ちょっとした意識」を変えるだけで
あなたでも新規契約をあげることは出来ますので、
参考にして見てはいかがでしょう。


では実際どのようにすれば良いのか?
例えばあなたがして来た営業を思い返して下さい。


相手に対して「お願いします、」と言った
“お願い営業”をして来ませんでしたか?


今までのように相手に対してお願いしている間は
契約を取ることはできません。


なぜなら、
売り込まれるのは嫌だと思っているからです。


人は売り込みをされると嫌なものですし、
自然と拒絶する行動を取ってしまいます。


そう言った状況でいくら話しをしても
誰も素直に聞いてはくれませんし、
すぐお断りされるだけなのです。 


そうではなく相手に対して最初にすることは、
「その話しってどう言うこと?」と言ったように
興味を持って貰える様にすること。


そうすれば売込みではありませんから、
あなたの説明を聞きたいと思う方が
増えるからです。


もちろんそう言った流れにするには
そうさせるだけの話しの持って行き方や
トークの見せ方が必要です。


あなたも参考にして見たいと言うならば、
こちらの営業ノウハウをご覧になってください、
営業のコツを見つけることが出来ます。


初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif



共通テーマ:仕事

新規開拓の飛び込み訪問で、冷たく断わられずに会話が出来る「営業トーク」 [飛び込み訪問]

新規開拓で飛び込み訪問をする時に
ちょっとした工夫で会話が出来る方法を
ご紹介したいと思います。

その方法と言うのが、
ポスティングを使った手法です。

一般的に通常のポスティングは
郵便受けにチラシ類を入れて行く訳ですが、
年々反響率も下がっているのが現状です。

反響が無いままに
ポスティングを続けてたとしても、
今いち結果につながらないのでは
何のためにポスティングしているのか
分かりませんよね。

そこでせっかくポスティングをするのであれば、
反響を上げられて効果を得られる方法で
試して見てはいかがでしょう。

その方法と言うのが、
ご用聞き「手渡しポスティング」です。

ご用聞きと言えば
酒屋さんなどか思いつきますが、
そのイメージで「ご用があるかどうか?」
それをポスティングする時に
聞いて回わります。

たとえばリフォームのチラシをポスティングする場合、
インターホンを押して相手が応答して来たら
「チラシを手渡しているので受け取って欲しい、」
と言った説明をします。

こんな感じです。
……………………………………………………

   ピンポ~ン・・・

奥様「はい・・・ 」

営業「こんにちは~、
   地元でお馴染みの(  )会社ですが、
   お世話様です。
   ○○地区にお住まいの皆様に
   割引クーポン券を渡しておりましたので、
   玄関先までちょっとお願いしま〜す。」

奥様「・・・ちょっと待って下さいね、」

    ガチャ・・・

営業「あ、お世話になります。
   わたくし、地元でお馴染みの
   (   )会社の(  )と申しますが、
   今日は○○地区の皆様にリフォームで使える
   割引クーポン券を渡しておりましたので、
   どうぞお受け取り下さい。

   今使わなくても
   後で困った時に使えるクーポン券ですから、
   大事に取って置いて下さいね。
   ありがとうございます。

   今、特に考えていないと思いますが、
   気になっている所はありますか? 」 

奥様「今のところは無いですね・・・」

営業「今のところはないんですね、   
   ありがとうございます。
   もしお困りの時はすぐ参上しますので、
   その時は宜しくお願い致します。

   詳しい内容はチラシに書いていますので、
   後で見ておいて下さいね。
   それでは失礼します。」
………………………………………………………

と言った感じで用件のみを伝えて
相手にチラシを渡すと言う、
「手渡しポスティング」をします。

この手渡しポスティングのミソは、
セールスの一歩手前の段階で
止めていると言う点です。

売り込みをしてしまうと
途端に拒絶されてしまうからです。

最初にすることは
相手にこちらのことを知ってもらい、
顔見知りになることが大事なのですから、
それには「頼りになるリフォーム屋さん」
と言った信頼を与えることが大事なのです。

今回の「手渡しポスティング」は
売り込みをしないのが特徴ですから、
今までのように冷たく拒絶される・・・
と言うことが少なくなることです。

ご用聞きを目的としている訳ですから、
冷たい断わりに遭うことも少なくなりますので、
気兼ねなく訪問出来るのがメリットなんですね。

もちろん話しも聞かずに終わる場合もありますが、
それでも断わられる件数は大幅に減ります。

このようにポスティングするコツは、
ご近所の皆さんに挨拶周りをしている・・・
と言った感じで伺うことです。

挨拶回りですから気が楽ですよね。 

ちょっとした工夫で反響が劇的に変わるとしたら、
あなたも試して見てはいかがでしょう。

きっと効果の違いに驚きますよ、
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的な営業方法を知りたい、

あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


共通テーマ:仕事

新規開拓の飛び込み訪問で「受付や事務員を攻略できる入り方」 [飛び込み訪問]

新規開拓の飛び込み訪問をしていると、
「その話しなら間に合っているので・・・」
と言われることがよくあります。


それだけ訪問してくる営業マンに対して
警戒する方が多いからですが、 


でも営業マンにして見れば、
「まださわりの部分しか話していないのに・・・」
と言いたくなります。
 
相手側から見れば売り込みにくる営業マンは
来なくてもいい営業マンとしか見ていませんから、
「その話しなら間に合っているので・・・」
としか答えようがないのです。


そこで話しを聞いて貰える工夫です。


たとえば法人相手に飛び込み訪問する場合、
ネックとなるのは受付や事務員です。


会社には色んな営業マンが来ますので、
受付や事務員で営業とみなされた場合は
「その話しなら間に合ってますので・・」
とお断りするケースになってしまいます。


ここがポイントになります。


「その話しなら間に合っているので・・」
と言われると言うことは、

あなたの話しは
「他の営業マンと同じだ」と判断されている
と言うことになるからです。


ならば、
他とは違う入り方で話しをすることが出来れば、
今までとは違う反応にさせることが出来る・・・
と言うことになりますよね。


たとえば、
「この話しは社長に通さないといけない、」
「この判断は社長でないと分からない、」
と言ったように思わせるようにすると
結果も変わるようになります。


でも実際は、
・色々工夫しているがうまく行かない・・・
・どのように入っていけばいいのか分からない・・・
と言ったように悩んでいるのが現状ですよね。


そこで飛び込み訪問に使える入り方や
効果的な営業トークが欲しいと思っているあなたに、


今までと違った入り方をすることで
受付や事務員を攻略して社長まで話を通してもらえる
そんな飛び込み訪問が出来る入り方がありますので、
こちらを参考にしてください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif



共通テーマ:仕事

テレアポで「アポイント」が取れるコツ [テレアポ]

営業マンからよく言われるのが
「アポが取れるコツを教えてほしい、」
と言った内容です。


それだけ電話をしても簡単に断わられたり、
訪問してもインターホンで終わってしまうので
思うようにアポが取れず困っている方が多いのです。


ですがテレアポや訪問される側にして見れば
毎日のように売り込みの営業が多いので、
受ける側も警戒するのは当然です。


では今やっているテレアポや訪問で
アポイントを取ることは出来ないのか?
と言う事ですがそんなことはありません。


工夫次第で幾らでも精度を上げることは可能ですから、
そのやり方を工夫すれば良いのです。


ではどのようにして
工夫すれば良いのかと言いますと、


まずは営業を受ける側の立場になって
視点を変えると攻め方も見えてきます。


自分がされて嫌なのは相手も同じだからです。


その際、面倒だな迷惑だなと言ったように
声のトーンから反応が良くないと感じたなら、

「このような電話はよくかかってくるんですか?」

と言ったように
相手に何かしらの質問をします。


質問することによって会話を続けるキッカケにもなりますし、
相手に「そうなんですよ、」と答えやすくすると
この営業マンは理解してくれる人なんだな・・・
と印象付けることが出来るからです。


このように相手の心理に語りかけるトークの工夫は
いくらでもあります。


最初の一言で相手を引きつけるトークや
あなた自身が使えるオリジナルトークなど、
色々な場面に応じた営業トークを工夫することで
いくらでも効果を上げることは可能ですから、


あなたもトークの参考にして見たいと言う時は
こちらをご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif



共通テーマ:仕事

テレアポでアポイントが取りやすくなるコツ [テレアポ]

テレアポでアポが取りやすくなるコツがあります。

その基本となるのは、
相手に押し付けるような印象を与えないこと。

そして「決断は自分で出来るなら安心だ、 」
と思わせることです。

たとえばあなた自身に
テレアポがかかって来たとします。

テレアポですから、
会って話しを聞いて欲しいと言う内容です。

でも会って話しを聞いてしまうと
断わりづらくなるのは目に見えていますから、
そこは時間が無いとか興味が無いと言ったように
あなた自身もお断わりの言葉を出すと思いますが、
いかがでしょう、

会ってしまうと「断わりづらくなる・・・」
これがあるから断わられるのです。

ではそんな思いをさせないように
気軽に「会ってもいいかな」と思わせることが
出来るとしたらいかがでしょう。

そう思わせるには相手に対して
「決断は自分が自由に出来るなら安心だな、」
と思わせることです。

誰でも自分で自由に決断できるなら、
「どんな話しなのか聞くだけでもいいかな・・・」
と思って話しを聞いてくれる人が増えるようになります。

なにしろ決断は自分で自由に出来るのですから、
それならどんな内容の話しなのか聞いてもよいと
思う人が増えるからです。

でもそれだと契約にならないのでは?
と心配する方もいるでしょうが、
そんなことはありません。 

それだけチャンスが増えるからです。

今までは話しすら出来なかったのが
それが会えるとなれば可能性を広げることも
出来るようになります。

それが出来るのも、
「自分で決断出来るなら安心だな、」
と相手に思わせることが出来るからです。

どうぞ、あなたも相手にそう思わせるように
工夫して見てはいかがでしょう。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにもノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif



共通テーマ:仕事

飛び込み訪問で受付やインターホンを攻略する方法 [飛び込み訪問]

新規開拓で飛び込み訪問をする場合、
結果を残すにはどうしたらいいのか?
と悩んでいる方のために、

今回は飛び込み訪問について
効果的な訪問が出来るノウハウを
ご紹介したいと思います。

まずは個人宅や会社関係に訪問しても、
・インターホンで断わられてしまう・・・
・キーマンに取り次いで貰えない・・・
・会話を続けるトークが出てこない・・・

このような状況が続いてしまうと
飛び込み訪問を続ける気力も無くなりますし、
結果を残すこともできません。

そこで思うような結果が出ない時は
飛び込み訪問のやり方を変えて見ると言うのも
ひとつの方法です。

たとえば、
・訪問リストを変えて見る、
・訪問する時間帯を変えて見る、
・今使っている訪問トークを変える、

このような形で
今までとは違う工夫をして見ます。

新鮮な気持ちで訪問することが出来ますし、
今までの嫌な流れを変えることも出来ますから、
新たな可能性を見つける意味でも
試して見る価値はあります。

さらに相手の興味を引きつける訪問トークが
思いつかなくて困っていると言う場合は、
このような工夫をして見てはいかがでしょう。

その工夫と言うのが、
「自分を相手に立場に置き換えて見る、」
と言った考え方です。

たとえば、
「自分ならこう言われたら
 思わず聞いてしまうだろうな・・・」
と言った感じです。

よく見られるのは
扱っている商品の内容やメリットについて
一生懸命説明してしまうことですが、
それでは相手の興味を引き付けることは
できません。

そのような内容ならば
カタログやインターネットで調べれば
誰でも簡単に見ることができるのですから、
いまさら説明されても迷惑だと思うだけです。

大事なのはその商品を手に入れることによって、
自分が喜んでいる未来の姿が見えるように
してあげることです。

人は今の自分よりも
喜んでいる未来の自分が見えれば
それを手に入れたいと思うようになりますし、
たとえ値段が高いと思うような商品であっても
喜んで契約する人が出てくるからです。

あなたも相手に対して
喜んでいる未来の姿が見えるトークを使って、
夢を見させてあげましょう。

そうすれば、
話しを聞いてくれる方が増えるようになりますよ。

どうぞお試し下さい、
あなたの健闘をお祈り致します。

その効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって見て下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif



共通テーマ:仕事

電話しても断わられないテレアポのコツ、これならあなたの営業成績を上げることができる [テレアポ]

テレアポは断られることが多く
皆さんも苦労していると思われますが、

それが断わられない方法があるとしたら
いかがでしょう?

テレアポをしても断られることが多いのは
ご承知の通りです。

それだけ必要の無い話しであったり、
今すぐ無くてはならない物でもないために
断る方が多い訳ですが、

もし相手から嫌がれずに電話出来るようになれば
テレアポも楽しく出来るようになると思いますが、
いかがでしょう。

もちろんまったく断わられないと言うことはありませんが、
「今よりも話しを聞いてくれる人を増やせる」
と言った感じならいかがでしょう。

今までより見込み客を増やすことが出来ますし、
やり方によっては楽に電話できるようになりますから
テレアポで苦労しているあなたに
ひとつの方法をご紹介したいと思います。

その方法と言うのが自尊心をくすぐる方法です。

自尊心とは分かりやすく言えば、
誰もが持っているプライドや見栄のことです。

人は他人から認められたいと思う反面、
他の人よりも優秀な部分はあると思っていますから
そこをくすぐってあげることによって気持ちも大きくなり、
もっと持ち上げて欲しいと思う欲求に駆られます。

そこをトークに利用します。

すると自尊心をくすぐられた相手は、
あなたの会話をもっと楽しみたいと思うようになりますから
話を続けることも可能になります。

これが電話で断わられないコツのひとつです。

このようなコツを使うことによって
今までのように断わられる件数も少なくなりますし、
テレアポで苦労することも無くなります。

あなたも断わられないで電話をすることが出来たら、
どれだけ助かるかお分かりになりますよね。

そこでテレアポについてもっと詳しく知りたいと言う方や
新規開拓で効果的な営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif



共通テーマ:仕事

法人相手に飛び込み訪問する時は、周りを意識しながら営業すると結果も違ってくる [飛び込み訪問]

新規開拓で断わられることが多く、
結果が出ないと悩んでいるあなたに
ちょっとした使えるノウハウを
ご紹介したいと思います。

たとえば会社関係に
飛び込みで訪問営業したとします。

営業する先と言えば
必然的に中小企業が多くなりますから、
受付と言うよりも事務員が対応する事も多く、
当然、その様子は周りいる社員にも
見えることになります。

そこへあなたが何の用件で訪問したのか、
受付てくれた事務員に説明する訳ですが、
その話しなら間に合っていると言ったように
簡単に断わられてしまいます。

ここがひとつのポイントです。

その断わっている場面の中で、
営業マンがどのような行動をするのか、
それを見ている社員が多いと言うことです。

たとえば営業マンから持ちかけられた話しは
今すぐ必要とするものではありませんし、
今すぐ決断しなくてはいけないと言う事も
ありません、

それゆえ、
「その話しなら間に合っているので・・・」
と言った断わり文句が出てくる訳ですが、
 
その時に営業マンがどのような出方をするのか、
何気なく観察している社員がいるんですね。

営業マンがそのまま引き下がるのであれば、
そこまでの用件しか無いと言う事になりますし、

さらに真剣に営業してくるようであれば、
話しくらいなら聞いてもいいのでは・・・
と思う方も出てくるからです。

どれだけの営業話しを持って来たのか、
断わられた後の行動を何気なく観察しながら
営業マンの資質を見ていると言う訳です。

当然、その場には社員以外にも
代表である「社長」もいるでしょうし、
事務員が実は社長の奥さんだった・・・
と言うこともよくあることです。

このように営業マンとしての資質を
周りから試されていることもあるのですから、
1度位断わられるのは当たり前と言うことで
営業を仕掛けて見てはいかがでしょう。

そうすれば断わりに対する恐怖も無くなりますし、
断わられた次の作戦を用意しておくことで
新たな展開へと進ませる事も可能になるのです。

どうぞお試し下さい、
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的営業方法を知りたい、
あるいはテレアポや飛び込み訪問について
実践的な営業方法を知りたいと言う方は、
こちらに参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif



共通テーマ:仕事

テレアポでアポを取るコツは「相手方の心理」を利用すること [テレアポ]

テレアポでアポを取るコツは、
相手方の心理を利用することです。

たとえばテレアポされる側は
最初のニュアンスで聞こうか断わろうかと
一瞬の判断で決めています。

そうなるとほとんど断われるパターンと
なってしまいます。

なにしろ勧誘の電話が多い上に
一旦話しを聞いてしまうと断わりづらく、
そして面倒だと思う方が多いからです。

ゆえに営業の電話だと分かると
断わってくる方が多いんですね。

するとテレアポする側は、
断わられる件数が多くなるために
アポイントが取れず苦労してしまいます。

何十件電話しても断わられる件数が多い訳ですから、
これでは電話する気力も無くなって来ますよね。

そこで考え方の切り替えです。

テレアポは相手からして見れば
迷惑極まりない行為です。

頼んでもいないのに電話して来て、
「話しを聞いて欲しい、」
「会って欲しい、」

と一方的にお願いしてくる訳ですから、
迷惑と思うのは当然です。

ですが、テレアポする側も仕事ですから、
そこは何とか話しを聞いて貰いたいと
必死になってくるのも当たり前です。

そこでテレアポする時のコツです。

それは相手にとってプラスになる話しであれば、
聴く耳を持ってくれると言うこと。

今までは、
「またその話か、
面倒だから断わってしまえ!」

と言ったパターンでしたが、
これからは違います。

「そうでなんですか、
それは知らなかったですね、
もっと詳しく教えてくれませんか?」

と言ったように、
相手から「もっと話しを聞かせて欲しい・・」
と言わせる工夫をすれば良いのです。

そうすればアポも取れるようになりますし、
冷たく断わられることも少なくなります。

コツは「その話しをもっと聞かせて欲しい、」
と言ったプラスになるような情報を与えること。

あなたも相手にそう思わせるように
話しを組み立てて見てはいかがでしょう。

今まで以上に
アポイントが取れるようになりますよ。

どうぞお試し下さい。

その他、新規開拓で効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif



共通テーマ:仕事

初回の飛込み訪問で断わられても、この訪問の仕方なら2回3回と気軽に訪問できる [飛び込み訪問]

ご存知のように飛び込み訪問をしても
不在が多かったり居留守を使われることも多く、
思うように結果を出すことはできません。

そんな飛び込み訪問でも
ちょっとしたやり方や工夫を変えるだけで
次につながる訪問の仕方がありますので、
その内容をご紹介したいと思います。

たとえばインターホンで断わられれ件数が多い場合、
「また断わられるかも・・・」と消極的になり
再訪するのが気が引けると言う方もいますが、
そんなことはありません。

諦めるのはまだ早いです。

なぜなら今回断わられても次回も断わられると
決まっている訳ではないからです。

話しを聞くか聞かないかと言うのは、
その時の気分や状況によっても違いますし、

たとえ今回断わられたとしても、
ちょっとした種をまいておくだけで
すんなり行くケースもあるからです。

ちょっとした種をまくと言うのは
どう言うことなのかと言うと、
それは断られた時に
良いイメージを残しておくこと。

良いイメージとは
断られた時に「去り際をさわやかにする、」
と言った工夫をすることです。

たとえば飛び込み訪問の場合は、
簡単に断わられることが多いですよね。

その理由として多いのは、
あなたがどこの誰で何の用件で来たのか
突然の訪問ゆえに相手も警戒してしまうために
多くの方は断わって来ます。

そこで去り際に良いイメージを与えておくことで
相手もあなたのことを覚えてくれますから、
次に訪問した時は会ってくれることも
期待できると言う訳です。

知らない人よりも一度良いイメージを残すことで
あなたの印象を良く見せる事が出来るのですから、
次の訪問では話しを聞いてくれる人も出てくる
と言うことも期待出来るようになります。

ですので飛び込み訪問で成功させるコツは、
断られた時こそ相手に良いイメージを残すことが
大事なのです。

営業は一度きりの結果で終わりではありません。

次のチャンスもあるのですから、
そのためにも2回、3回と再訪出来る営業を
して見てはいかがでしょう。

そうすれば結果も付いてくるようになりますよ。
どうぞお試し下さい。

その他、新規開拓で効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な『最新の営業方法』を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif



共通テーマ:仕事

テレアポで苦労するアポ取りが、この工夫ならアポが取れるキッカケになる [テレアポ]

テレアポで苦労するのは
思うようにアポイントが取れないこと。

ほとんどが用件を出した途端に
「必要ありません、」
「間に合っていますので・・・」
と断わられることが多いからです。

そんな苦労するテレアポですが、
どのようにすればアポイントが取れるのか、
ひとつの工夫をご紹介したいと思います。

まずは次のように電話をしたとします。
………………………………………………………

営業「この×××については
   お役に立てる内容となっておりますので
   一度ご説明させて頂いているんですが、
   今週でしたら×日か×日にお会い出来ますが、
   どちらが宜しいですか? 」

………………………………………………………

このように説明させてほしいと
相手にお願いするような言い方になると、
良い返事を貰うことは出来ません。

そこで次のように相手の意識を変えてあげると、
反応が変わって来ます。
………………………………………………………

営業「この×××については
   お役に立てる内容となっておりますので
   興味ある方にだけご説明していたんですね。

   ただ、お話しを聞いて見ないと
   本当に必要かそうでないのかと言うのは
   わからない部分もあると思います。

   もちろん判断するのは(  )様ですから、
   必要無いと感じたら
   その場で断わって頂いても構いません。

   今週でしたら×日か×日にお会い出来ますが、
   どちらが宜しいですか? 」

………………………………………………………

このように説明させてほしいとお願するのではなく、
あなたが興味持てる話しかどうか判断をするために
話しの内容を聞いて見たらどうですか?と言ったように

相手が「自分で決めることが出来るんだな」と
意識が変わることで、

「それじゃ話しだけでも聞いて見ようかな、」
と思わせることも出来るようになります。

ひとつの工夫として応用して見てはいかがでしょう、
アポが取れるキッカケになりますよ。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif



共通テーマ:仕事

効果的にポスティングすると「保険の新規契約」が見込めるその方法とは? [営業ノウハウ]

今回のノウハウはポスティングについて
ご紹介したいと思います。 

ある外資系の保険会社に勤めている方で
ポスティングを実践して結果が出ている例がありますので、
その方法をご紹介したいと思います。

まずはその営業マンがしていることは
メインにする保険を決めて営業していることです。

彼がおっしゃるには、
…………………………………………………

「保険を勧める際に種類が多いと
 相手の反応も薄くなりますから、
 勧める保険を決めて営業しています。

 たとえば医療保険などは
 病気や怪我に対する説明をしても
 相手の反応が今ひとつと言うこともあり、
 どうしても時間がかかる傾向です。

 反面、がん保険については
 皆さん必要性が分かっているために
 詳しい説明は必要ありませんし、
 発見が遅れると大事に至るだけに
 「どれかひとつでも入っていれば
 家族も安心だろう・・」と言った理由で
 すんなり決まることもあります。

 さらに火災保険プラス地震保険の反応も高いので
 今では火災保険+地震保険、
 それとがん保険に絞って毎日100枚の
 ポスティングを続けています。」

…………………………………………………

このように何をメインにして営業をするかで
自分の成績にも影響して来ますから、
工夫が大事だと言うことです。

さらに彼が取っている行動としては、
「短時間で数多く配布すること」と言っています。

たとえばポスティングする場合は
できるだけ大きなマンションや集合施設を選んで
そこまでの移動時間やマンションのセキュリティー、
管理人の休憩時間を事前に調べておくようにします。

そして人の出入りが少ない曜日や時間を調べて
その時間帯を選んでポスティングをします。

そうすれば効果的にポスティングすることが出来ますし、
今までの半分の時間で済ますことも可能ですから
効率もずいぶん違って来ると言う訳です。

実際ポスティングした時の反響は週に2~3件で
1ヶ月にすると15件程度の見込み客が見つかり、
そしてその中から成約になるのが7~8件あるので
成績もアップして目標達成したと言うことです。

いかがですか、
あなたもこのような工夫をして
実践して見てはいかがでしょう。

きっと効果の違いに驚きますよ、
あなたの健闘をお祈り致します。

その効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。


初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif



共通テーマ:仕事

このテレアポトークならあなたの仕事にも応用できて「面白いようにアポイント」が取れるようになる [テレアポ]

テレアポは業種や仕事内容によって
あるいは法人か個人かによっても
話す内容は違って来ますが、

それでも基本は同じところにある、
と言うことをご存知でしょうか?

それは最初の入り方で決まると言う点です。

最初の受け答えで、
「話しを聞くか断るか?」と判断する方が多いので
この段階で良い印象を与えないと先に進みません。

それにはどうすれば良いのかと言うことで、
ここを押さえれば簡単にテレアポトークが作れる
と言ったコツをご紹介したいと思います。

まずはこちらをご覧下さい。

経費削減を提案するテレアポトークの見本です。
…………………………………………………………

営業「社長様でいらっしゃいますか、
   お世話になります。

   私、(   )会社の(   )と言いまして、
   経費削減でお困りになっている社長様に
   同業の会社様でも(  )%削減出来た
   実績のあるご案内として、

   お話しを聞いて頂ける方にだけ
   説明しておりました。

   もし、時間がないと言うことでしたら
   次の機会までお待ち頂くことになりますが、
   いかがなさいますか? 」

…………………………………………………………

このように

「あなたが必要とするならばこのまま話しをするが
 どうしますか?」

と言ったこの話しに自信が伝わるトークであれば、
相手方もその話を聞きたいと思うようになります。

さらにこのトークの特徴は
「必要とする人しか相手にしません、」
と言い切っている点です。

ほとんどの場合は、
「(   )でお得ですのでいかがですか?」と
相手に対し売りトークになっているために
お断りされていました。

それが、
「話しを聞きたい方にだけ説明しています、」

と言い切ることによって
相手が受ける印象も変わって来ます。

さらにテレアポする側も強気で攻めることで
相手に対して気持ちが優位に立つことが
出来るようになります。

あなたも「強気のテレアポ」をして見ては
いかがでしょう。

きっと今までと違った反応を見ることが
出来ますよ。

どうぞ、お試し下さい。

その他、新規開拓で効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


共通テーマ:仕事
前の30件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。